ソリューション事例1医療施設

入院患者96.4%がこれまでの食事よりも安心でおいしいと評価。

なぜ食事がこれほどまでに変わったのか。
正確に述べると食事自体の味は変わっていない。

ではなぜ96.4%という数字が出たのか。
それまで紹介しきれていなかった調理現場の真心を患者様に紹介した。

美味しく食べてもらいたいと願う調理師や食材生産者の心を。
「情報媒体(おもてなしごはん通信)」で。

そして、ご覧いただいた患者様にアンケートを実施。
96.4%の方がこれまでより安心、美味しいを実感。

それでは、病院アンケートでの患者様の生の声をご紹介します。

今回の事例は総合病院でした。

医療施設は他にも産婦人科病院と相性がいいと感じています。
出産前後の女性は、食について敏感になるときです。

医療サービスと平行して、患者様との良い信頼関係構築をお手伝いします。
患者様お一人おひとりとの信頼関係をもとに「いい病院だね」の評価クチコミが広がることは周知の事実です。

研究サービスの最新報告はこちら

>おもてなしごはん通信電子版

もしくはSNSで
>Instagram
>Facebook
>Twitter

おもてなしごはんパッケージをすぐに試してみたい方はこちら
>公式サイトOPEN記念モニター募集
>サンプル購入

※おもてなしごはんパッケージとは
情報媒体と食材をセットにした当研究所のサービスです。
ごはんを通じて大切なヒトとよりよい関係をつくりたい方々のためにサービス展開しています。

今後も様々な機関と連携し、有用な研究サービスをご提供していきます。
>お問い合わせはコチラから(匿名歓迎、当研究所からのその後の売込は一切ありません)