エッセイ

グアテマラに学ぶ「人生たいていの問題は解決できる方法」

女優片桐はいりさんのエッセイ「グアテマラの弟」を読んだ。

NHKラジオすっぴん高橋源一郎さんの回で
片桐さんの著書が紹介されていたのがキッカケ。

片桐さんのことは
映画かもめ食堂などで拝見して
面白おかしい方かと思った。

案の定文体はおもしろく
読書スピードが遅い私でもスラスラ読了した。

グアテマラでは美味しいコーヒーは飲めない
だとか
地方出張の際はまな板と包丁も同行させる
だとか
食べることを大事にする家庭に育った
とか。

弟の住むグアテマラを旅した際のエッセイ。
グアテマラ文化を片桐目線で知れる良著です。

まるで自分が異文化体験しているようで
日本をみつめ直すいい機会にもなります。

弟の嫁さんはグアテマラ人。
大の料理上手だそう。

嫁さん曰く
「美味しいごはんさえ作れれば、人生たいていの問題は解決できる」
だそうです。まさにその通りですね。

そして僭越ながら補足させていただく。

「美味しいごはんを作る環境さえあれば、人生たいていの問題は解決できると。」
おもてなしごはん研究所では、美味しい食事環境に貢献していきます。

片桐はいりさん、高橋源一郎さん、
いいキッカケをありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA