ごはん

家族なかよく暮らすために。誰にでもできるたった1つのこと。

子どもの数が約30年減り続ける中で
衝撃的なニュースが舞い込んできました。

子どもへの虐待件数は26年連続増加していると。
悲しいニュースです。

ああ悲しいねえと嘆くばかりではなく、
この状況を改善するための
役割はないものでしょうか。
自分たちなりの状況打開策を提示します。

私たちの考えるおもてなしごはんとは、
「信頼をつくるごはん」のことです。

ごはんは、大切な人と交わす
コミュニケーション。

いまいちど大切な家族との信頼を深めるために
ごはんを共につくり食べていきたいものです。

マザーテレサは
世界平和のために何が必要か?
との問いにこう答えました。

まずは家族を愛しなさい。
家族を愛するために、ごはんをつくろう。ごはんを食べよう。
食卓を共にするなかで、信頼関係を確認しあおう。

研究所について

何はともあれ家族なかよく暮らす。
もうこれ以上に手に入れたいものはありません。
ご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA